シミそばかすレーザー後、かさぶたをテープやコンシーラーで隠す方法

かさぶたテープコンシーラー隠す

シミ・そばかすを消す治療としては、レーザー治療が主流です。

レーザー治療は、シミやそばかす、毛穴の開きなど年齢を感じさせる症状に絶大な効果があり、異常なメラニン色素のみを探知し、レーザー熱で細胞を破壊してくれる強力な治療方法です。

しかし、強力な治療であるため、治療後にはかさぶたができるダウンタイムが発生します。

レーザー治療をしたいと思っているあなたも、ダウンタイムがあると「仕事に影響してしまう」「仕事仲間や周りから色々指摘されそう」と悩み、なかなか治療に踏み切れないのではないでしょうか?

そんなあなたに、かさぶたを上手に隠して仕事への影響を小さくする方法や、そもそもダウンタイムが発生しにくい・発生しない治療を紹介します。

レーザー治療の効果や注意点は以下の記事にまとめていますので、ぜひ参考にしてくださいね。

シミ・そばかすを確実に消すならレーザー治療!効果や注意点を解説

2018.10.27

ダウンタイムとは?

ダウンタイムとは、レーザー治療後に患部がかさぶたになり、かさぶたが取れるまでの期間のことを言います。個人差はありますが、7日~10日程度です。

治療直後の肌は非常に敏感であるため、強くこすったり、紫外線の影響が大きかったりするとメラニン色素の生成が活性化されてしまい「炎症後色素沈着」という逆に濃くなる状態になってしまいます。

そのような状態を防ぐため、かさぶたが取れるまでは、テープや絆創膏での保護を推奨しているクリニックが多く、キレイになるためにも保護したほうが良いです。

ただ、目立ってしまう茶色のテープや絆創膏を顔に貼っていると、接客業の人は仕事に影響したり、周りからジロジロ見られる気がしたりして治療に踏み切れないということになってしまいます。

かさぶたを隠す方法

ここからは、かさぶたを隠すことができ、目立たないようにするテープやコンシーラーについて紹介していきます。

エアウォールUV(テープ)

株式会社共和から提供されている、「エアウォールUV」というテープがあります。

このテープはもともと医療現場で利用されていたもので、傷あとを紫外線から守り、傷あとが黒ずんでしまうのを防ぐためのもです。2016年から一般市場でも販売を開始されています。

テープの上からメイクOKで、下の画像を見ていただければわかるとおり、メイクをすればテープを貼っていることはほとんど分かりません

レーザー治療後にかさぶたができるというのは、ケガをしているのに近い状態です。この状態のときにエアウォールUVを貼れば、炎症後色素沈着の対策にもなります。

「レーザー直後の肌にエアウォールUVを貼って大丈夫?」という疑問があるかと思いますが、実際にエアウォールUVを10日間程度貼ることを推奨している「肌のクリニック」という美容皮膚科もあるので問題ないと考えられます。
※参照:肌のクリニック公式HPより。Googleの口コミも非常に良いクリニックです。

かさぶたを隠すことができ、炎症後色素沈着の対策にもなるので一石二鳥ですね!

ナビジョンスポッツカバー(コンシーラー)

それでもやっぱりテープは貼りたくない!という人には、湘南美容クリニックなど複数のクリニックが推奨している「ナビジョンスポッツカバー」というコンシーラーをご紹介します。

このコンシーラーは、資生堂から提供されているもので、シミ・そばかすレーザー後のかさぶたのカバーや肌の部分的な色むらを隠すためのものです。

南青山皮膚科というクリニックが、実際にレーザー治療後のかさぶたに使用できるのかという「安全性・カバーする力・使用性」の評価を行っており、医師のお墨付きで安心です。
※参照:南青山皮膚科院長ブログより

ただし、レーザー後に肌がジュクジュクしている状態では使用できず、かさぶたになってから使用可能です。患部の状態を医師に相談しながら使用しましょう。

複数回に分けてレーザーする

一度に顔全体のレーザー治療をするのではなく、複数回に分けてレーザーをすることで、より「目立たせなくする」方法です。

一度に顔全体にレーザーをすると、顔中にかさぶたができてしまうためどうしても目立ってしまうかもしれません。

そこで左頬→鼻周り→右頬などのように、ダウンタイムが終わったタイミングで順番にレーザーを行い、その部分だけをエアウォールUVやナビジョンスポッツカバーで隠してしまいましょう。

そしてマスクをすれば、周りに気づかれる可能性を下げることができます。

ダウンタイムを10日間だとして、3回に分けてレーザー治療すると約30日なので、1ヶ月あれば全てのそばかすを除去することができます。

注意
複数回に分けてレーザー治療をするときは、湘南美容クリニックの「8,100円/10mm以下(シミ取りレーザー)」ガーデンクリニックの「3,000円/1mm(ピコシミ取り)」のようにシミ・そばかすの範囲による料金設定をしているクリニックがおすすめです。

理由は、あなたのシミ・そばかすの範囲は決まっているため、一度にレーザー治療しても複数回に分けても料金が同じだからです。

1回あたり〇〇万円のような料金設定の場合は、分けると治療費が高くなってしまう可能性がありますので、きちんと比較することが重要です。

かさぶたができにくいレーザー治療

現在主流となっているQスイッチレーザーでは必ずダウンタイムが発生しますが、最近では「ピコレーザー」と呼ばれるダウンタイムが発生しにくいレーザー治療があります。

Qスイッチレーザーは「ナノ秒(10億分の1秒)」という極めて短い時間でレーザー照射を行いますが、ピコレーザーはさらに短い「ピコ秒(1兆分の1秒)」でレーザー照射を行います。

照射時間が短いと熱による周囲の細胞への影響が小さくなるため、かさぶたになりにくいという特長があります。

かさぶたができない治療方法

かさぶたができない治療方法として、「フォトRF」という光エネルギーと高周波エネルギーを組み合わせ、肌の新陳代謝をスムーズに促していくものがあります。

ダウンタイムはありませんが、一度の効果が大きい治療ではないため、5回程度の治療が必要になります。

今ご紹介したピコレーザーやフォトRFなどの治療の詳細については、以下の記事にまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

シミ・そばかすを確実に消すならレーザー治療!効果や注意点を解説

2018.10.27

良いクリニックの選び方

最後に良いクリニックの選び方について紹介します。

レーザー治療はやはり不安なものです。不安だからこそ、信頼できるクリニック・信頼できる医師であることが重要です。

実は私は幼少期から顔中にそばかすがあり、レーザー治療により除去をした経験者です。

治療までに複数の病院でカウンセリングを実施しましたが、「そこまで気にしなくていいよ」などと言われたことがあります。

勇気を出してコンプレックスを打ち明けたのに、そのような態度だと本当に嫌な気持ちになりますよね。

医師といえども人なので、親身でない態度は必ず治療にも現れます。安心して治療を受けるために、以下の特徴があるクリニックを選びましょう。

  • カウンセリングの対応が良心的
  • やたらと治療を勧めて来ない
  • 実績が豊富で口コミが良い
  • 料金が明確
  • アフターケアがしっかりしている

様々な口コミサイトを見ると、上記のような特徴を持ち、非常に評価の高いクリニックとして「湘南美容クリニック」と「ガーデンクリニック」が挙げられています。

2つのクリニックの詳細は以下の記事にまとめていますので、ぜひ参考にしてくださいね。

シミそばかす除去レーザーは美容皮膚科!ガーデンクリニックの口コミ

2018.12.04

【シミ・そばかすを消すレーザー治療】湘南美容外科の口コミ

2018.11.23

まとめ

いかがでしたか?

かさぶたを上手に隠す方法を知ったことで、レーザー治療に対して前向きになることができたでしょうか?

少しおおげさかもしれませんが、私がレーザー治療を受けて手に入れたのは、そばかすの無い顔だけでなく前向きに生きていく気持ちだと思っています。

それまでの人生では、そばかすが気になって特に初対面の人と目を合わせることが苦手でしたが、治療後は全く気にせず、相手の目を見て話せるようになりました。

もしあなたもシミ・そばかすがあることで、私と同じような気持ちになっているのであれば、これからの人生を前向きに生きるためにぜひレーザー治療を受けることをおすすめします。

上記で紹介したクリニックは、どちらも無料カウンセリングができます。勇気がいりますが、まずはその一歩を踏み出して信頼できる医師に出会ってほしいと思います。